共働き事情

共働き夫婦の40代前半 夫と私の家事の分担 子あり

結婚して13年も過ぎ
我が家の家事の分担割合は 嫁20:夫80

嫁ほとんど家事してません( *´艸`)

30代後半の 嫁50:夫50 の家事割合でも、結構満足は高かったのですが、yoshikoの欲は海より深い。

家事、シタクナイ。モットシタクナイ。

我が家の家事分担比率の変異をお楽しくダサい。

さらに夫が家事に参加 ほとんど夫の家事分担に

30代後半時点で、子育ては保育園様と夫の担当になってます。
家事は私の担当に。

【記事】共働き夫婦の30代後半 夫と私の家事の分担 3歳未満子あり



子供は5歳になり、トイレの手間・離乳食が外れてしまったので、子育てが少しだけ楽になります。

夫家事リスト

 ・子供の相手全般
 (風呂・遊び・寝かしつけ全て)
 ・朝ごはん
 ・保育園のお弁当
 ・夜ごはん
 (買出し・メニュー決め・作成全て)

流石にハードだったらしく、夜ご飯はワタミの宅食様の食材宅配メニューにお世話になってます。
買出し・メニュー決めいらず。家計収支は、ほぼ変わらず。楽ちん楽ちん(^^♪

【記事】共働き夫婦の食事法!夫が選んだ食材宅配サービス

共働き夫婦 嫁が家事しない?そのあいだ何してる?

寝てます。若しくは寝てます。働いてます

家事をこなすスーパーサイヤ人並みのスペシャル夫に育ってしまいましたが、これも「ホウレンソウ」による結果。

【嫁の心の報告と相談】
 ・全力で仕事がしたい
 ・家事を(もっと)減らしてほしい
 ・臨時(体調不良・残業・休みたい)には、家事します

当然、夫の回答はNO!



夫「残業しないでお迎え?無理でしょ。」
嫁「それは社長が決める事ではないでしょうか。」

へりくつ嫁はまだ続く

嫁「残業しない努力した?勤務形態変えれないの??在宅社員の相談はしてみた???なんの努力もしてないのに、無理なの?」

嫁「やる前から諦めちゃダメでしょ。やってみて無理なら、一緒に考えよう。」

嫁「私が死んだらどうするの?」
夫「・・・」

嫁「夢は大きく!目指そう!年収1億円!」

夫「」


ちょっとだけ夢は大きく・・・ズイブンダナ

夫婦円満の秘訣とは?そもそも夫婦円満とは?

家事の分担について書いてきましたが、正直、夫婦の年収も影響してくるところだと思います。

嫁が働かなくていい収入があれば、専業主婦でいられる。
ハードな仕事をしなくとも、好きなことで好きな額の好きな時間で働ける。

それは、逆もしかり

嫁の収入が高ければ、夫は働かなくていい。

夫婦にとって、「ちょうどいい割合」というのは、各家庭で違います。
家事半々でも、片方が不満なら回らない。

理想の家族像は、夫婦の中に答えがある。

家事の負担割合も大事。
けど、
収入の割合も大事。

円満とは

 1. おだやかな様子

 2. 神仏の功徳(くどく)などが満ちたりて欠けた所のないこと。

結婚して13年目ですが、今が一番円満です。

ブラック妻って何ですか? ブラックは悪?

ネット上で「ブラック妻」という単語を見つけました。
ブラック企業 + 嫁 のコラボ

うーん。

我が家の理想は、専業主夫と稼ぐ嫁。
まだそこには行きつけてなく、サラリーマン兼務の夫にとって今は辛いところ。

夫の業務

朝ごはん・保育園の支度

保育園の送迎

仕事

お迎え

夕食を作る。

子供に食べさせ

遊んだ後お風呂

寝かしつけ。

夫の職種はなかなか定時では帰れないハードな業界です。
相当ハードに仕事をやっていると推測されます。

ブラック嫁かも ( 一一)チーン

まだ、退職願は出されてないので様子見してみます。
ブラック企業でも、勤めてる本人がOKならね・・・イイノカ・・?

まとめ

ガッツリ仕事させて頂く毎日を送っておりますが、結局全て夫のお陰様。
今の収入は、「夫あっての収入」です。

家事をやってくれている夫には繰り返し「私の収入は、夫のもの」と伝えます。

世帯収入は3000万

「主人の年収を上げる」方法で資産を増やしてます。私の年収は、扶養家族内の126万円。保険も年金も主人のお世話になりっぱなし。

投資・副業という手段で、13年間少しづつ収入を増やしてますが

 ・「主人の名義でないと出来なかった」
 ・「私でないと、管理する時間がなかった」という共働きスタイルです。

27歳年収180万で結婚し、投資も同時にスタートしました。
夫様という不労所得があるじゃないでかw

少々のリスクは取れてしまうのでは?と安易に始めましたが、正直収入に救われた場面は少なくありません。

家事の分担と収入の分担、両方を考えながら「ほうれんそう」

節約が苦手な私には、「経費を減らす」よりも「収入を上げる」という考え方が、向いていたのだと思います。

家事の分担も、収入も、選択肢は多くあります。
読んでくださった方の、選択肢が一つ増えれば良いなぁ・・・と思ったり思わなかったりw

最後まで読んで頂き、ありがとう御座いました。

【記事】共働き夫婦だから出来る投資術 我が家の家計と管理方法