共働き事情

共働き夫婦30代前半 夫と私の家事の分担

共働き夫婦の家庭事情

ちょっとだけ、家事を手伝ってほしい。全部やってなんて言わない!少しだけで良いのよ・・・という考える事ありませんか?

この記事では、ちょっとだけ夫に家事をやってほしい!と考えてた私が実行した
家事の負担割合 嫁80:夫20を目標にした私の議事録になります。

結婚して3年~7年が経過してる時、夫婦生活にも慣れて全く家事をしなかった夫に不満も感じ始め「家事したくない」がボソボソと出だしたていました。

20代の新婚時代からやっていた「私は出来ない嫁です。出来るアナタに助けてほしい」作戦が、少しづつ実を結び、 夫に「手伝うよ」という動きが出だします。

「家事も出来る素敵奥様」から「家事も出来る素敵ご主人」にしてしまおうと考え始めたのもこの頃。欲には底がないのだよ。

【記事】共働き夫婦の新婚生活20代 夫と私の家事分担

【我が家の家事に掛かる時間配分表】

 ・自炊(材料準備・買い出し・メニュー決め)30分  
 ・自炊(制作) 40分×3食
 ・自炊(片付け) 30分 ×3食
 ・洗濯(干す・畳む)30分
 ・ゴミ捨て、その他(アイロン掛け、布団干し)20分

夫が家事に参加 食器を洗い出す

夕食の後、食器を洗いたくありません。 by嫁

「食事を作った人は、片付けなくていいってのはどう?」と、ちょっと軽めに提案。当然答えはNO。夫に「えー」と言われて終わります。

やりたくない気持ちは解ります。だって私もやりたくない。一緒

考えた結果、しばらくhottomotto様にお世話になってみました。

片付けもなく、手間いらず。ご飯もおいしいし
軽く計算してみたところ、2人分の食事なら光熱費・手間代・材料代等を考慮すると支出的にはさほど差はありません。一生続けるか?

しかし残念な事に、1週間を過ぎた頃からhottomotto様にないメニューが食べたくなってしまいます。シチュー・おでんその他。そして同じメニューでも、手作りとは少し味が違います。家庭の味で育った夫は「そろそろ家のご飯が食べたいなぁ」の気持ちに。

当然答えはNO!

作ったらいいんじゃない?には「えー」と答える夫。

先が読めますね。
そうです「じゃあ、作るから食器洗ってよ」です。

しぶしぶ承諾
この日を境目に「作らない人間は洗う」の業務分担が成立しました。

数日後、
我が家に食洗器が届く。

【記事】我が家で使った 家事の時短法 共働きにおススメ家電!

夫が家事に参加 洗濯物

洗濯物を干したくありません。 by嫁

洗濯機を回すくらいは大丈夫。私でも回せます。
しかし回すことだけしかしないと、残念ですが「洗濯機の中に、濡れた衣類が放置される」という現象がおこり始め、衣類が臭くなりますよ。注意。

優しい夫は、大変だろうからと、日々洗濯が必要になるYシャツや下着を7日分以上購入する事に。あったまいー。

ただ、週末は洗濯祭り。
当然1回の洗濯では終わりません。その上、干すスペースがない。

コインランドリーの出番です。乾燥だけお願いすることに。
1週間分の洗濯物は、濡れた状態だとなかなかの重量です。重くて持てない。

力仕事は、やはり男性の出番。

1週間分の自分の下着は買えなかった&女性ものの下着をコインランドリーで洗いたくないので、自分の分の下着だけ洗う。これなら私でもできる。

週400円~600円。月にして2000円前後の出費。
干す時間 2000円で買います。

そして後日、乾燥家電を買います

【記事】我が家で使った 家事の時短法 共働きにおススメ家電!

夫が家事に参加 アイロンが掛け

アイロン掛けたくない by嫁

結論を言うと、夫が「アイロンをかける必要をなくしてくれた」
というだけ。

形状記憶のYシャツで十分と言ってくれたので、それに乗りました。
正直、私はアイロンをかけた時の「角」が好きで、アイロンまでの仕上がりにはなりません。始めのうちは少し気になってましたが、私にとっては視覚的な問題だけです。

着てる本人がOKならばOK。自分のこだわりで自分の首絞める必要もない。

費用としては、通常のYシャツより+1000円~2000円程度
Yシャツの耐用年数は、2~3年程度ですので月額にして7枚で200円~300円程度

アイロン掛けに掛かる時間
1枚 15分×30.2日=450分(7.5時間)

7.5時間を300円で買います。

まとめ

5kg痩せたいと思ったら翌日に痩せていた。なんてことはありえません。

同じように、家事をやってくれと頼めば翌日から夫がやってくれるなんて事も、我が家ではとても無理な事でした。

痩せるのと同じように、計画と日々の努力が必要。
全ては自分の為、豊かな時間の確保の為
夫と毎日笑顔で過ごせるように。

とても手間ですが、手間をかけるだけの価値はありました。
よしこの戦いはまだまだ続きます・・・

【記事】共働き夫婦の30代後半 夫と私の家事の分担 子あり